キミエホワイトの3つの有効成分とその効果

シミが気になる女性

シミに効果がある飲むタイプの医薬品であるキミエホワイトのメイン有効成分はL−システイン、アスコルピン酸(ビタミンC)、パントテン酸カルシウムです。

これらの配合成分の効果について説明するとL−システインは体の内側から代謝をサポートする働きがあるアミノ酸の一種と言えます。だからL−システインとビタミンCを摂取することでシミ、そばかすの原因となるメラニンの生成を抑える効果が期待できます。

さらに既に出来てしまったメラニンを無色化する作用もある上に新陳代謝を促進することで代謝を正常化する働きにより角質に沈着しているメラニンを体外に排出することが出来ます。他にもL−システインを摂取すると体内でコラーゲンが生成され、コラーゲンは肌のハリを維持する為に必要な成分ですし、角質を柔らかくする作用があるのでニキビ予防に効果的と言えます。

アスコルピン酸は免疫機能のアップする働きがありストレスを緩和する効果が期待できます。他にもコラーゲンの生成をサポートしてくれるので肌トラブルを改善することが出来ますし、コラーゲンの効果によって美肌、アンチエイジング効果もあると言えます。

それからパントテン酸カルシウムにはタンパク質や脂質、さらには糖質の代謝を正常化し健康な皮膚をキープする働きがあると言えます。アンチエイジングケアにも使用されている成分です。

キミエホワイトの口コミを調べたい方はこちらへ!