医療脱毛の施術はどの程度の効果か?

脱毛をした後の女性
医療組織での脱毛施術はエステサロンでの脱毛施術よりも回数が少なく見積もられていますが、一度のレーザー照射で得られる脱毛影響はどれ程か引っかかる使用者も多々あるのではないでしょうか。

医療脱毛機器を使用したケースにおいての脱毛率は、30日後の発毛率が20パーセント以下に抑えられるという事が再上限の成果になります。

例を挙げると、顔全部の脱毛部位は「額、頬、鼻の下、顎」とあります。

これを全5回の施術で終了した事例の一度の脱毛率は5?10パーセントと言われています。

ただし配慮するべき事は顔は産毛が多く、軟毛化と増毛化の起こりやすい部位でもあります。

期日内に軟毛化、硬毛化の現象が見られたケースにはフリーの再照射というアフターサービスが受けられます。

こうした特例の事情を考慮すると一度の照射で得られる影響というものが決断しにくくなりますね。

そして、昨今の機種は一律に照射口が広めになっていますが、脱毛機器の種類ごとに照射経口の大きさが異なるものです。

この事情により一度に照射できるな範囲が異なるという事もあり得るのです。

そして、患者側が配慮やりたい点ですがレーザー照射回数が少なく見積もられているクリニックについては、出力数(ジュール数)を高く設けているケースも心積もりらます。

何れにしても、脱毛の毛の濃度や部位で異なるジュール数と回数について、平均値を理解しておく不可欠性があるでしょう。

以上医療脱毛での一度の脱毛成果について手軽にに整理てみました。